Asset Consulting Network

不動産有効活用

effective utilization

有効活用の企画・運営

土地所有者にとって有効活用の目的は、第一義的に「収益性の向上」です。
そのためには立地や地型や敷地規模、行政上の建築法規等を検証し、対象地にとって最善の手法と投資規模をを選択する事が重要です。
有効活用は相続設計へも影響を及ぼすため、その検証も大切ですが
「相続税評価額を引下げる目的だけの有効活用」は行なうべきではありません。

 

【有効活用の進め方】

 

1・不動産活用の目的を明確にする
2・敷地の最大能力を把握する
3・目的に合わせて建物規模を決定
4・建築工法と投資総額や収支を検討
5・具体的な間取り、設備等の詳細を決定
6・完成後の管理運営の検討

 

【敷地タイプ別 有効活用の流れ】

敷地タイプ別有効活用の流れ

 

 

【有効活用の事例】

▲TOP