Asset Consulting Network

業務案内

service

アセットコンサルティングネットワークの主な業務

 

 

有効活用の企画・運営

土地所有者にとって有効活用の目的は、第一義的に「収益性の向上」です。
そのためには立地や地型や敷地規模、行政上の建築法規等を検証し、対象地にとって最善の手法と投資規模をを選択する事が重要です。
有効活用は相続設計へも影響を及ぼすため、その検証も同時に行うことは大切です。
しかし、財産評価額を引下げる目的だけの有効活用は行なうべきではありません。

詳しく>>>

 

 

不動産投資コンサルティング

賃貸不動産の購入は投資であり、経営です。
そのため「良い物件」を「安く購入」する事が重要なポイントです。
「良い物件」とは将来的にも賃貸ニーズに合致している物件であり、
「安く購入」する手段としては相続物件、任意売却、会社整理、競売物件等の情報入手先のみならず
値引き・条件交渉等の交渉力を駆使する事が必要です。

詳しく>>>

 

 

FPコンサルティング

資産管理会社の活用、法人財務コンサルティング、生命保険へのアドバイス、事業継承・自社株対策、登記・測量に関するコンサルティングなど、FP的手法を用いたコンサルティングを行なっています。

詳しく>>>

 

 

物納コンサルティング

物納は法律・条令等の条件を満たしている必要があります。
しかし、世間で言われているように 「良い不動産しか物納できない」という事はありません。
納税者としては「優先度の低い、使い勝手の悪い、不動産から物納していく対策」が重要なポイントです。

例えば、貸宅地(底地)、不整形地、道路付けの弱い土地等を納税に充てる事で「資産価値の高い土地」を守ることが出来ます。

詳しく>>>

 

 

相続設計

「相続のことって誰に相談すればよいの?」そう感じられたことはありませんか?
我々は、相続に強いFP(ファイナンシャルプランナー)として、このようなご相談とも愚痴ともとれるようなお話しをご相続の現場で数多くお聞きしています。

ご相続問題は、長い期間かけて築きあげられた人間関係が複雑に絡み合い、制度的にもかなり広範囲の分野が関わってきます。そしてご遺族の方々にとっては、人生の中で何度も体験する出来事ではないのです。

「相続の全体像」をご理解いただき、生前対策を実行する場合の各対策の効果と影響、メリットとデメリットをきちんと把握することが重要です。

詳しく>>>

 

 

権利調整

不動産は長い期間にわたる人間関係から、複雑な権利・義務を生じさせる財産です。特に「借地権・底地」や「共有不動産」、「古家」などはその代表例といえます。
弊社はこれらの権利調整に際して、まず最初に理想的な出口戦略を検証し、物納や立退き、等価交換や共同売却等という手法を駆使しながら、問題解決を図っていきます。

詳しく>>>

 

 

不動産関連業務

宅地建物取引業としての各種業務

詳しく>>>

 

 

報酬体系

各サービスに関する報酬体系

詳しく>>>

 

 

▲TOP